意外に多い!悪玉コレステロールを下げるために控えた方がいい食事

トランス脂肪を避ける

トランス脂肪酸は、マーガリン、市販の焼き菓子、ファーストフードの揚げ物などに多く含まれます。トランス脂肪酸は動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響があることがわかっています。

飽和脂肪酸の摂取量を減らす
豚カツ、から揚げ、ラーメン、チャーハン、菓子パン、ケーキ、クッキーなどが好きな人は、悪玉コレステロールを増加させる飽和脂肪酸を取りすぎのかの生が高いです。脂身の多い肉の摂取量を減らし、脂身の少ない肉や魚、豆腐などの大豆製品を積極的に摂取しましょう。

水溶性食物繊維をしっかり食べる
水溶性食物繊維は悪玉コレステロールを改善する強力な効果があります。水溶性食物繊維は、押麦、オートミール、全粒粉、あずき、納豆、さつまいも、えだまめ、りんご、オレンジなどに多く含まれます。また、野菜を食べる量を増やすことも効果的です。

コレステロールを下げる食事作りのために油脂を減らす調理器具

LDLコレステロールが高い原因は脂肪や糖質の過剰摂取

コレステロールが高い主な原因は食べ過ぎ

体内のコレステロールが増える原因は脂肪や糖質の取り過ぎがです。また中性脂肪も増えて間接的にLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加します。

中性脂肪はコレステロールを体内から回収する働きを持つ善玉コレステロールやリポタンパクの合成を妨げます。

中性脂肪が多すぎると、急性膵炎や脂肪肝、高血圧、痛風、糖尿病などの病気を引き起こします。

また肥満になると中性脂肪が多くなるのでLDLコレステロールを増える手助けをしてしまいます。

食べ過ぎ→肥満→LDLコレステロールの増加→心筋梗塞、脳梗塞という流れになります。

肥満対策は進行梗塞や脳梗塞の予防にもつながります。

その他の原因

食事以外にも加齢や閉経による基礎代謝の低下もコレステロールの増加につながります。

またアレルギーや皮膚病の薬で使われるステロイドが中性脂肪の増加を促進するものもあるので、ステロイドを使っている人はコレステロール値にも注意が必要です。